· 

サッカーを見つめなおす


 選手権敗戦後、チームとしてサッカーを見つめなおす。日本代表(なでしこジャパン)の試合観戦や、明治安田生命J2リーグの運営お手伝いなどの活動を行った。さまざまなサッカーとの関わり方を学ぶことで、人間力を伸ばし、競技力向上につなげていきたい。

 

 

 

ー日本代表試合観戦

 10月6日(日)清水IAIスタジアムで開催される「なでしこジャパンvsカナダ代表」の試合をチーム全員で観戦に訪れた。せっかくの機会なので大学もどうですか?とお誘いしたところ大学女子サッカー部を率いる水谷監督からも快諾のお返事。高校30名+大学20名の計50名で大学バスを貸し切り、試合観戦を行った。女子の代表のプレーに刺激を受ける良い機会になった。また、この日たまたまハッピーバースデーの りな は日本代表タオルをゲットした。大学でプレーするOG達との再会もあり、充実した試合観戦となった。

 

 

 

ー明治安田生命J2リーグ運営お手伝い

10月20日(日)は岐阜県メモリアルセンター長良川で明治安田生命J2リーグ「FC岐阜vs愛媛FC」の試合の運営お手伝いを行った。日本のトップリーグ(Jリーグ)の運営を直接学ぶ。またボールパーソンという立場でピッチから一番近い位置でプロのサッカーを感じる良い機会となった。

 会場につくとFC岐阜でスタッフとして活躍されている岩崎さんから運営に関するレクチャーを受ける。岩崎さんはかつて聖カピタニオのコーチも務めていて、当時は愛知国体のスタッフとしても共に戦った指導者仲間である。今回のボールパーソンの活動にも一役かっていただいていた。

 準備を進め、ゲートオープン。会場に多くの観客が詰めかける。そして、選手達のウォーミングアップが始まった。同じピッチレベルでアップを見つめる。選手達はプロの質を肌で感じているようだ。そして、その様子をピッチサイドから眺めていると「永井く~ん。元気?」と背後から声をかけられる。現れたのは愛媛FCで監督を務める川井健太監督だ。川井監督はかつて愛媛FCレディースの監督として活躍されていて、女子サッカーとも縁がある。また、2年前まで共にJFAナショナルトレセンコーチ女子担当として全国を回った指導者仲間でもある。メールでのやりとりはしていたが、久しぶりの再会であった。自チームの話を聞いてもらったり、Jリーグの指導などについて短い間であったがお話することができた。そして、嬉しいことに選手達の控室にも顔をだしてくれた。選手達もいきなりのJリーグ監督の訪問にびっくりした様子。記念撮影も快く引き受けてくれた。ありがたいお言葉もいただき、選手も私もサッカー人として刺激を受けた。

 試合は、FC岐阜2-0愛媛FC という結果となり、FC岐阜のホームスタジアムでの久しぶりの勝利を全員でかみしめた。試合終了も片付けのお手伝い。そしてFC岐阜のマスコット「ギッフィー」との記念撮影。(この日のギッフィーはハロウィンバージョンでコスプレ中)この日もまた充実した1日となった。

 

 

 

 サッカーはプレーする楽しさだけでなく、観戦する楽しさ、応援する楽しさ、支える楽しさ、指導する楽しさ、ジャッジする楽しさ、などなど多くの楽しさがある。多くの角度からサッカーを見つめなおすことで選手達には今しかできない「高校サッカー」にモチベーションを上げて取り組んでもらいたい。そして、今全力で競技できている環境に感謝の気持ちを持って、共に頑張ってこう。

 

 

 

 

関係者の皆様方ありがとうございました。

これらの経験を励みに選手権は終わりましたが、

今シーズン残すリーグ戦・リーガファイナルを頑張ります!!