· 

皇后杯運営


 12月8日(日)に愛知県で初開催となる皇后杯の準々決勝の運営手伝いをチームで行った。至学館高校が任せられたのは選手入場の際のリスペクトフラッグを掲げての入場と、ボールパーソン及び担架係。チャレンジリーグや明治安田生命J2リーグでの経験もあり、今回も落ち着いて各役割を取り組むことができるだろう。会場は「パロマ瑞穂スタジアム」で、J1名古屋グランパスのホームスタジアムである。13時からの第1試合に向けて9:00にスタジアム入りして準備を行う。ゴールの設置や、タータンへの人工芝設置作業を全員で行った。

 

 

 選手達がスタジアム入りすると、ピッチの状況確認やストレッチや体幹など、それぞれの選手がチームアップに向けての準備が始まる。そういった普段テレビでは見れない試合への準備、いや会場到着からアップへの準備を見て肌で感じれたことは貴重な経験だろう。日本代表でも活躍する選手達を含め、なでしこリーガー達が目の前でサッカーに真摯に向き合っている姿に部員たちは目を輝かせる。

 試合が始まればボールパーソンとしての仕事を行いながら間近で一流のプレーに刺激を受けた。仕事ぶりにも本部からお褒めの言葉をいただき一安心。試合結果は以下の通り…

 

第1試合13:00~

日テレベレーザ 5-0 日体大FIELDS横浜

 

第2試合16:00~

INAC神戸レオネッサ 1-0 ノジマステラ神奈川相模原

 

 

 来週にはリーガ・スチューデント東海の総まとめとして、東海リーガファイナルが行われる。Bグループを5位通過の至学館は、Aグループ6位通過の同朋と対戦。勝てば帝京可児(Aグループ5位)vs南山(Bグループ6位)の勝者と、負ければ敗者との試合となる。ファイナルラウンドに向けて頑張りたい!